Profile

yuzuhiro

Author:yuzuhiro
はじめまして、yuzuhiroと申します。
せっせと山登りへ釣りへ向かう日々が続きます。
2008年5月にルアーを始め、2011年7月に山に目覚めてしまいました。まだまだ若輩者ですが、今後ともよろしくお願いします。

Twitter
Suggestion

株式会社デプス

ロックフィッシュ特集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

初めて、魚を釣ったのはいつの頃だったか??

自分の中にある一番古い記憶は

今は亡き、祖父に瀬田川(琵琶湖)に連れて行ってもらったことだ

だぶん、幼稚園か…小学校の低学年くらいだったような…

狙いはモロコ

記憶ではぶっとい投げ竿で枝針が10針くらいついてて

白い餌をちょん掛け

遠投してズルズル引いてきたら銀色の小魚がぴちぴちとあがってくる

当時、自分は体が小さく、大きな投げ竿を投げることができず

祖父に投げてもらった記憶がある

リールを自分で巻いて釣れたと喜んでいたような(笑)


その次に古い記憶は

これまた祖父に琵琶湖(瀬田川)に大きな堰??があって…

違ったかな…

その近くに…なんか施設??があって、そこに釣堀があって

フナを釣った記憶がある

短めの延べ竿に浮きと針がついてて、練り餌で釣った

それが楽しくて

後日、祖母に近所のスーパーマーケットで500円くらいの

釣りセットをおねだりした事を覚えてる(笑)

そんな竿では何も釣れないと祖父が延べ竿をくれた

この竿は祖父のお古だったが

小学生時代にずぅ~と使っていたと思う


近くのどぶ川へフナ釣りに、「古川」って呼んでたような

暇があると友人と3人くらいでチャリンコででかけた

餌は赤虫

自転車で片道20~30分くらいの距離にある釣り道具屋まで買いに行ってたと思う

当時で、たしか…50円だったような

水に浸した新聞紙へ包んでくれた

また、祖父がさなぎ粉をくれて

うどんを細かくちぎったものにまぶして釣った

仕掛けは

棒浮き、がん玉、ハリス付のフナ針

いたってシンプル

友人の中には二股に分かれたものを使って2本針にしていて

すごくカッコいいと思ってた


小学校の高学年の頃

新品の細くて軽くて長めの延べ竿を買ってもらった

これまた祖父に…


しかし、

中学生になると釣りはほとんどしなくなった

理由は特に無いのだが

その時の流行としてテレビゲーム、ファミコンとか

また、水泳部に入部していて、釣り友達から離れていったとか

いろいろな要因があったと思う


祖父もこの頃から

あまり、釣りへ誘ってくれなくなった

自分が釣りに興味を示さなくなったからだと思うが…


なんで、こんなことを突然、書いたかというと

自分の釣りの原点は祖父からだったと「ふと」思ったこと

そして、再来週は祖父の13回忌


景気づけにガツンと1発、釣れないかな(笑)

あ、海釣りにてのデビューは親父から教えてもらった

初めて釣った魚はメバル(以外でしょ笑)

しかも、仕掛けはテキサスリグ(中通し重り)にチヌ針

機会があれば書きたいと思います
スポンサーサイト

2009/10/26(月) 19:52 | コメント:2 | トラックバック:0 |
今日は午後からの釣行

K川へブラックバスの様子をうかがいに出かけました

夕まずめに下流の堰にあわせるように上流から攻めて行きました

川の状態はやや濁り、

台風後の時より幾分かは落ち着きを取り戻していました


スピナーベイトとシャッドをセットし

最初のスポットへ

葦際をスピナーベイトで引いてくると

「コッ」と反応が

乗りませんが同じところで「コッコッ」と反応が

同じところをシャッドでストップ&ゴー反応なし

葦際いっぱいに攻めようとシャッドをキャスト

案の定、ひっかけてロスト(涙)


やる気をなくして場所移動です


こうして、2~3ヶ所を探り、反応なし

16:00頃、下流の堰へ

ここでは水上バイクの集まりが…バイクをブイブイいわしています(汗)

ブラックバスはあきらめ、下流側でシーバス狙いです

実は最近、シーバス用のルアーを購入

ラッキークラフト Wander90スリム
ラッキークラフト SwichVarid70h
アイマ P-ce100
アイマ Calm110
アイマ Imagene130

いままで、あまり興味は無かったのですが

また、やってみようかなと…(笑)


いたるところでボラがバシバシ跳ねています

とりあえず、アイマ P-ce100

テトラの際、堤防沿いを中心にキャスト

多分、ボラかな…ガンガンあたってきます


ルアーローテーションを繰り返し、しばらくすると日が落ち

ボラのアタックも少なくなり、ここまでかなとあきらめかけたときです

「ゴゴゴン!!」とにぶいバイト

即座にあわせいれ、ロッドを立てます

「バシャバシャ」エラ洗い!?…シーバスか!?

「ズ…ズ、ズ、ズリズリ」とベイトリールのドラグが

こんなことは初めてです。

かなりきつ目に設定(ほぼロック状態)されているドラグが「ズズズズ」と

ラインが「ギリギリ」いいながら出ていきます。

なにかの加減でドラグを緩めてしまったのかなと思い

スプールをサミングしながらドラグを完全に締めてファイト…

「プン」ってフックアウト…マジかよ(涙)

DSC01352.jpg
Wander90スリムのフックがやられてます

強引にファイトしてしまったミスです(汗)

どこかのブログで読んだ内容と同じ…確かにかなり悔しい

「くそっ!!」って思いながらフック交換

そして、ラインを引っ張りながらドラグ調整


同じ過ちは…って思いながら再開です


そして、リベンジの時はすぐにやってきました

またもや「ゴオン!!」って

今度はエラ洗いはありませんが

沖??へ向かって魚が走っていくのがわかりました

またもやドラグが「ズリズリ」って

今度は相手が弱るまでラインをどんどん出してやろうと

ロッドを立てたまま、踏ん張ります

しかし、「…何処まで行くのだろうと」不安になり、指でスプールを押えたとき

またもや…フック伸ばされた
DSC01353.jpg
涙のフックアウト…(ぷち)←何かが切れた音

(以下省略)

2009/10/26(月) 03:35 | コメント:8 | トラックバック:0 |

メバルを求めて、土曜日はI漁港へ

メバルのために鳥羽まで…

もちろん、モンスターロックも含めてですが、メインはメバリング!!

あと、このブログにちょくちょくコメントを頂いている「タモさん」のアドバイスを

試したくての出撃です


「○オ○ジのカ○ア○リ」

冷静に考えれば、魚を狙う上での基本のスポットなのに

実はI漁港内の磯の名前か地名と勘違い(笑)

悩みましたが、タモさんに教えていただきました

今回はそこを重点的に攻めながら、メバリング


と、作戦は良かったのですが

金曜日、知人からの急なお誘い、断りきれず飲み会に参加

起きたのは朝8:30(汗)大急ぎで出撃準備!!

到着推定時刻は10:30頃、

「カ○ア○リメバリング作戦」から「カ○ア○リデイメバリング作戦」へ変更

…釣行内容に変更ありません(笑)


I漁港に到着。

時間は10:00すぎ、国内B級ライセンスの腕はまだまだ錆付いてはいません(汗)

さっそく、「○オ○ジのカ○ア○リ」へ

タックルはスピニングにフロロ5lb+2gジグヘッド+ガルプ2in

タバコに火をつけ、ルアーが着底するのを待ちます(笑)

「コン」とカーブフォール中のバイト

余裕で片手でアワセをいれ、くわえタバコで巻き巻き

DSC01349.jpg
アナハゼでした

遠投して、底まで落とし、底をとりながら巻き巻き

の要領で、またまた

DSC01348.jpg
アナハゼ君でした


続いて、テトラの隙間にそ~ぉと落とすと

「ぐいーん」とロッドを持っていかれるような引ったくりバイト

きつ目に設定していたドラグが「ジジジジ…」と鳴ります(汗)

スプールを手で押さえ、ラインの放出を押えますが

さすがLクラスのスピニングロッド

グイグイと潜られ、ドラグを締めなおした時には完全に潜られピクリともしません

ラインをゆるめ、魚が出てくるのを待ちますが

じわりじわりと潜られていきます

業を煮やし、強引に引き上げると「プツリ」ラインブレイク

まだ、ロックフィッシュの活性が高いのならと

ベイトタックルで先ほどのテトラの隙間を狙います

「コンコン」

DSC01350.jpg
アナハゼ君

「お前じゃない!!」

「コンコン」

DSC01346.jpg
アナハゼ君

このアタリはどうやら

アナハゼの集会場になってるらしい(怒)


気を取り直し

7gテキサスリグで探ります

すると「クックックッ」とショートバイト

DSC01347.jpg
フグか木っ端グレか…

ふと、時計を見ると14:00

昼ごはんも食べずにアナハゼとフグに遊ばれてしまいました

用事があったのでこれにて終了です

(以下省略)

2009/10/26(月) 02:08 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日は久々にスピニングタックル

を持ち出し、仕事帰りの気分転換に


2gジグヘッドに月下美人カーリービームをセット

ちょっとメバリングに挑戦です


しかし、なんだかいつもと勝手が違うせいか

モタモタ…(汗)

人差し指をラインにかけて

あ、ラインのたらす長さが短いような

でベイルをおこしてスルスル…今度は長すぎたかも??

10投位したら今度はバックラ…

得意のイライラがやってきます大幅にラインをカット

またまた、10投位したらバックラ…

「イ~ッ!!」ってしながらバックラ直して

またまた、バックラ…

ラインを「ぷっちん」、堪忍袋の尾もついでに「ぷっちん」


スピニングタックルを海へ投げ捨て(嘘です)

いつものベイトタックルへ

気を取り直して、キャストキャストキャストキャストキャスト

実にスムーズです

キャストキャストキャストキャスト


根掛りをはずそうと軽くあおると

ようやく「ゴッ!!」ときて即合わせ

20091022230345.jpg
カサゴ18㎝位

小さいながらもカサゴが釣れると、なんだかうれしいです

ソイに比べて、モチッとした白身

なんとなく、お上品な味

全てのサイズをキープしたいですが

ロックフィッシュは20㎝未満はリリースと個人ルールがあるのでリリース


メバリングは次回へ持ち越し


(以下省略)

2009/10/23(金) 02:11 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今日も朝一からの出撃です

前日の釣行からの悔しさから1発(メガ級)を求めてI漁港へ

5:00頃に到着です

DSC01343.jpg


休日、大潮、満潮、朝まずめと好条件のためか

いつもは釣行者も少ない新堤にもすでに4組ほどの餌師がいます

2組はサビキ

1組は投げ釣り

1組は穴釣り

穴釣り餌師のバケツを見ると20㎝弱のカサゴ×2、20㎝後半のソイ×1

投げ釣り餌師は今ひとつ、ぱっとしてない様子

サビキ餌師は1組はじゃんじゃん、手のひらサイズのメジナ、フグを掛けて

時折、25~30㎝位のメジナが交ざる感じ

もう1組はさっぱりだめみたい

どちらもオキアミをカゴにつめ、ちょい投げ

若干、好調なサビキ餌師のほうが仕掛けが長い(複雑)??

潮の流れ(場所)の違いなのか、タナの違いなのか

好対照な2組でした


さて、いつもの場所は餌師に先を越されてしまいましたので

外海側のテトラ帯を攻めて行きます

DSC01342.jpg

流石に大潮、潮はよく動いています

というより動きすぎ!?速すぎです

10gシンカーでテトラ、海藻、渦が巻いている所を攻めて行きます

「コッ」「カツカツ」とショートバイトがありますが

たぶん、メジナ、フグなのでしょう…5~6投するとワームがボロボロ

油断すると一瞬でグラブのテールがなくなります


それでも、がんばって「コツコツ」と本命らしきバイト

合わせをいれ、巻いてくるも弱々しい感じ…本命ではありません

DSC01340.jpg
アナハゼ??

グロテスクなボディーカラーにトゲトゲな牙、サイズは小さいものの獰猛さ満点

即、リリース(ヌルヌル系はだめです汗)

メジナ、フグの猛攻は、おさまる事なく、イライラが募ります

沖の根はあきらめ

手前で穴釣りしました

「グングン」とフォール中にひったくりバイト

この引きは間違いなくロックフィッシュです。サイズは今一っぽいですが

DSC01341.jpg
カサゴ20㎝弱

この後、手のひらサイズのカサゴを掛けますがオートリリース


穴釣り餌師も帰っていったので

自分もテトラ帯をあきらめ、漁港と隣接する地磯へ

ロックフィッシュっぽいバイトが1回あったものの

ヒットなし


このあたりでM先輩よりTELあり

朝まずめ、ソルトへ出撃

伊勢でソイ25㎝前後を3尾ゲットとのこと、流石です

M先輩もロックフィッシュはまってるみたいです


波、うねりとも強くなって風も出てきたのでここで終了です

タックル
ロッド    デプス サイドワインダーHGC-67XRアウトクロス
リール   ダイワ ジリオン 100SHL
ライン   サンライン FCスナイパー(16lb)
ルアー
デプス デスアダーホッグ3in(茶ラメ)

天気 晴れ
時間 5:00~9:00頃
大潮
満潮 5:48(221) 17:33(218)
干潮 11:41(68) 23:59(21)

2009/10/18(日) 22:18 | コメント:11 | トラックバック:0 |

またまた、会社メンバーで仕事帰りの弾丸ツアー

場所は、前回と同じくR漁港(最近、いろいろと指摘を受けるものでイニシャルに)

土曜日なのでメンバー皆、17:30退社(自分は伊勢勤務のためやや遅れて合流)

今回は、サル後輩君は家族サービスのため欠場


満潮は17:08。タイミングはバッチリ

車を止め、今回もファーストヒット賞を狙おうと、はり切って出撃!!

しかし、今回のファーストヒットはK課長

しかも、自分が合流するまでに2尾目とのこと

まさに時合いの真っ只中、あわててルアーをセットし放り投げます


またまた、K課長にヒットです

DSC01330.jpg

スレンダーながら20㎝オーバーのナイスサイズ!!

DSC01331.jpg

またまた、K課長にヒット!!

DSC01333.jpg

これまた、20㎝強

ウキ桟橋の支柱にミスキャスト、

引っ掛かったルアーをはずした瞬間「ゴゴン!!」とバイト

しかも、前回の釣行後、今回のためにルアーを調達、仕事も釣りも隙がありません


続いて、M先輩に

DSC01332(1).jpg

初のロックフィッシュ20㎝オーバーとのこと(祝)

普段はブラックバス専門ですが、ソルトにおいても、しっかり結果を出します

2人の共通点はスピニングタックルに軽めのジグヘッド+ワーム2in

フォール中もしくは底に落として、静かに誘うと「コンコン」とバイトとのこと


自分はいつものベイトタックルにテキサスリグ5g+ワーム4in

完全にリアクション中心での大物狙い

正直、嫌な予感(汗)


DSC01334.jpg

なんだかんだで2時間、全員の釣果(20㎝UPのみ)

このほかに3尾、K課長が釣ったのですがカゴが無かったのでリリース

全部で8尾(20㎝UP)、かなり熱かったです

小さなメバルは後でリリース

DSC01335(1).jpg
初のロックフィッシュM先輩

DSC01336.jpg
本日の爆釣賞&ファーストヒット賞K課長

DSC01339.jpg
そして、本日のビックフィッシュ賞は…誰か、忘れました(自分でないのは確かです…)


帰りがけ、サル後輩君にメール

返信はありません…

「あいつはよく時合いを逃すから」

「月曜日、会社に出てこないのでは??」

「絶対、月曜日に目が合ったら、うらやましそうな顔するぞ」

「行きましょうと誘ってきても月曜日は無視しよう」

「あいつがいないほうがよく釣れる」

などなど、噂をしながらストップフィッシング。













「…えっ、自分の釣果ですか??」

課長、先輩の手前、そんなに目立つことはできませんよ(笑)

社会の暗黙のルールです

明日、誰もいないところでガッツリとリベンジです(爆)

(以下省略)

2009/10/17(土) 23:50 | コメント:2 | トラックバック:0 |
連日の釣行です

嫁の呆れ顔が目に浮かびます(汗)


さて、今日は会社のK課長を筆頭にM先輩、サル後輩君とみんなでソルトルアー

場所は松阪本社の近くRyo師漁港です

自分は伊勢勤務なのでやや遅れての合流(今回ここがポイント)

自分を含め全員、所帯持ちなので20:00までの短時間釣行


まず、ファーストヒットは自分!!

DSC01273.jpg
ムラソイ??20cmないくらい

続いて、M先輩が良型のハゼをゲット!!

そして、K課長のロッドにもピクピクと反応が

10㎝くらいのソイをゲット!!

よくこんなサイズを掛けれたなと皆、感心


そして、終了時間

まだ釣れてない人がいます

サル後輩君…泣きの延長依頼

仕方なく、3投だけの許可(笑)

みんなが見守る中、1投、1投、集中してキャストするサル後輩君




一瞬で撃沈(爆)

そう簡単にミラクルは起きません

懇願するサル後輩君を無視し、皆、帰り支度

「腹減った~早く帰って飯喰わないと」

(以下省略)

2009/10/15(木) 22:53 | コメント:2 | トラックバック:0 |

最近、なんだか月の引力と相性が悪いです

ちょっと時間があるから行ってみようと出かけると干潮前後

干潮でも潮が動いてればいいんでしょうけど…


大体、仕事終わりが19:00~20:00くらい

職場が伊勢なので津に20:00~21:00着

今の時期、津港の干潮21:42なので潮もやや止まりな感じです

満潮時なら、まだやる気もなんとなく起こるのですが

干潮ってなんだかなぁ~って感じです

津付近の漁港って水深あまり無いから余計に感じます


今日はすぐに家に帰れるよう、近所のSi塚漁港へ(久しぶりです)

到着後、遠くで稲光!!

愛知県側でビカビカ光ってます

遠いから大丈夫だろうと戦闘開始


海面で「びちゃびちゃ」なにやらライズがおきてます

何だろうとジグヘッドで表層をスイミング

セイゴでも釣れたらいいなと…しつこく攻めますが正体がわからず

あきらめ、そのままジグヘッドでリフト&フォール

岸壁沿いで「ググッ」ときました

DSC01270.jpg

まあまあのサイズ

DSC01271.jpg
クロソイ24㎝

いつもなら「来たぞ来たぞ」とテンションがあがるところなのですが

ロック40UPの写真を見てから…なんだろう??この感じ…

すっごくクールに魚を眺めている自分がいます

釣れてうれしいんだけども、だめだ!!みたいな

釣れたのに反省してる自分がいます…ロック40UPにお熱です、重症です(笑)


この後、外側のテトラ帯を攻め、リフト&フォール

多分、フォール中にバイト!!

違和感はあったのですが、反応できずに根に潜られラインブレイク。油断大敵です(涙)

タックル
ロッド   デプス サイドワインダーHGC-64XSコンストリクター
リール   ダイワ アルファスRエディション
ライン   サンライン マシンガンキャスト(10lb)
ゲーリー グラブ4in(白)

天気 晴れ
時間 21:00~22:00頃
若潮
満潮 2:27(183) 15:33(210)
干潮 8:47(60) 21:42(92)

2009/10/15(木) 00:35 | コメント:4 | トラックバック:0 |
いきなりですが、伊勢湾内においてショアからのロック40UP情報

すっごく気になってました。そして、まささんからの連絡…

なんと、そのスポット、ヒットルアーを教えて頂いてしまいました

しかも今日、「仕事が早く終わりそうなので…」とお誘いしたところ快くOK!!

まささんガイドでロック40UPエリアへ


自分で開拓したわけではないので

場所はブログで公開する事は控えさせていただきますが

こんな近場で40UP!?たぶんメジャースポットです


18:30~19:00頃に現地にて待ち合わせ

しかし、大遅刻

仕事上の理由にしろ、誘っておいて30分以上待たしてしまいました(すみません)


さて、まささんのタックルは

シーバス用のライトタックル、スピニングPE0.8号リーダー3号に2gジグヘッド

ルアーはバグアンツ2in(これぐらいは公開してもいいですよね…汗)

岸壁をしゃくってフォールしゃくってフォール

いわゆる岸壁ジギングみたいに2gジグヘッドで丹念に探っていく方法

自分のやり方とは、まるで正反対

しかし、この方法がこの場所にははまってました

コンスタントにタケノコ20㎝前後をポンポンと量産…

20㎝後半を頭に20㎝台を5尾くらい、「潮がよければ大小あわせて20尾はいけますよ」

まささんのやり方を見て

自分も5gテキサスリグから3.5gテキサスリグへ

フォール中心の誘いへ変更。そしてなんとか「クイン??」としたバイト

DSC01267.jpg
ソイ??20㎝前後(タケノコみたいだけどタケノコと違いますよね??)

そして、岸壁沿いにちょい投げ、カーブフォールにて「クックックッ!!」と

DSC01269.jpg
ソイ??20㎝ちょい

1尾目より少しサイズアップ

なんとか撃沈(ぼうず)はまぬがれました(汗)

しばらく反応もなくなり時間を見ると、ど干潮

場所を移動しましょうとのことで

今度はゴロタ場へ

このゴロタ場も「トルクフルなバイトにあい、ラインブレイクしてしまった所なんですよ」

とまささん

その言葉にミラクルを期待し、キャスト!!

「クイクイ」っと小さなバイトがパラパラあるものの乗りません

まささんが

「こんなのが突っついているんですよ」と10㎝ちょいのタケノコ片手にリリース


結局、ゴロタ場ではキープサイズはなし

時間も遅くなってきたので、礼をいい別れました。

自分は帰宅。まささんは、まだ奥に開拓したい場所があるからと車で移動。


まささんにロック40UPの写真を見せてもらい感じました

「40UPはグロい」って


P.S. まささん

急な誘いにも快くOKしていただき、今日はありがとうございました

また、行きましょう。

2009/10/14(水) 01:20 | コメント:8 | トラックバック:0 |

3:00目覚ましがなって

顔洗って、はみがきして出撃準備をしてた「夢」を見ました…


ふと、目を覚ますと6:30頃

「???????…」

なにが…いったい…どうなってるのか…

訳もわからないまま出撃準備。体調もなんだか宜しくない


暗いうちはロックフィッシュ

日が昇ったらブラックバスでもと計画していたのですが…


さて、天候は快晴。車の温度計は12℃(かなり寒い)

とりあえず、ロックフィッシュ狙いで今日は行くことに

Ni本鋼管、相変らずの人、人、人、です

このところ、餌釣り師より、シーバス狙いのアングラーが目立ちます

特に今日は、半数以上の人がルアーマン

Ni本鋼管でシーバスが好調なのかな??


前回、バイトがあったスポットを中心に攻めて行きます

しかし、ロックの反応はなし

かわりに餌取りのメジナ(木っ端グレ)、フグ??が突っついてきます

1投でグラブのテールがボロボロになることも…

10gシンカーに変更して、沈みを早くし、遠投しても

足元で集団で襲ってきます(怒)


そして、集中力も今日は散漫です

時折、空を見上げながら、何かと格闘です(汗)

第1派、2派の襲撃にも耐え、3派目の余波が

2時間くらい、がんばったのですがもう限界(汗汗)

あきらめコンビニへと駆け込みました(汗汗汗)

なんだかお腹の調子が今一です(………冷汗)


ちょっとすっきりして、このまま帰るのもなんなんでKu出川に寄る事に…

車の温度計は22℃、この2~3時間で10℃も上昇です

バスの活性も上昇かなって感じでしたが

下流の堰は「どマッディー」状態

いつもはクリアーなKu出川ですが台風18号の影響です

とりあえず、スピナーベイトで探りを入れます

「あれれ…??」

「…ウィードがない!?」

いつもは邪魔なくらいのウィード帯がスカスカです

こうなると、このスポット何処を狙えばよいのか全くわかりません

いつもはクリアーなウィードエリアが

どマッディーなオープンエリアに変貌…


少し上流にも足を伸ばし見てきましたが水の色は変わらず…

横倒しになった葦の際をバズベイト、スピナーベイトで探りますが反応なし

ペンシル、ポッパー、クランクベイト、ミノーやワーム(テキサスリグ)持ってるルアーを

総動員しますが反応なし…(汗)

流石にあきらめました。対策を練ってまたリベンジです


わずかながらベイトの姿は見えました

コイ(多分…)のライズもあったので、バスもどこかに居るはずです

写真があれば、もう少しわかりやすく状況報告できたのですが忘れました(笑)

以下省略

2009/10/13(火) 00:02 | コメント:3 | トラックバック:0 |

またまた、忘れてました。
DSC01260.jpg
昨日、今日と津祭りが開催されてたんです。すみません(嫁、子供へ)
DSC01251.jpg
NHKのキャラクターにテレながら近づき、この後、写真撮影
DSC01253.jpg
将来、こんな感じにならないように(汗)
DSC01254.jpg
陸自の迷彩服をお借りして、いたずら娘に火がつきます「コラー!!」
DSC01265.jpg
急に人だかりと思ったら、今回一番人気のドアラ登場!!(嫁は中日ファン)
DSC01266.jpg
例のごとく帰りは爆睡…

2009/10/12(月) 22:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
忘れてました、娘の運動会です(汗)
DSC01233.jpg
急遽、午前中だけ仕事を休み応援です
DSC01244.jpg
昨年はダンスもダンスになってなかったですが

今年は走ったり、跳ねたりやダンスもきちんと出来てました(笑)

成長に感激です

2009/10/12(月) 22:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
1日に4回目のブログ更新です

実に充実した休日となりました

これも全て、子供達をつれて実家へと帰省した嫁のおかげです(感謝)


さて、F1グランプリTV観戦も終わり

月刊誌バサーを読み返しながらのんびりとうたた寝(ZZZ…)

気が付くと17:00

まだ帰ってきていない嫁と連絡を取ると

「F1やってるし、長良川の橋の補修工事もやってるので国道は渋滞予想

実家で晩御飯食べてから帰るわ」

とのこと…出撃チャンス!!


と言う事で満潮17:57。現在、上げ8~9分くらい

ロックフィッシュ狙いの夜釣りへ久々のKa芸マリーナ

DSC01204.jpg

北側のテトラ帯には餌師、シーバス狙いのルアーマンの姿が見えます

自分はいつも南側テトラ帯の先端を陣取ります

南側にはチヌ餌師が2名ほど、運よく先端付近には誰もいません

DSC01205.jpg

海は凪、濁りも少なく、風もほとんどなく

シチュエーションとしては文句なしです


まずはゆっくりとズル引き

実績のあるスポットをじっくりと攻めます

時折、小さくボトムバンプさせながら

沈んだテトラに沿ってワームの動きをイメージします。

水中のテトラを登って降りてって


そして、その瞬間がやってきました

ワームをフォール途中、そろそろ「コトン」と着底かなって思ってたら

なにやら「グルン」って感じで違和感が

「来たか!?」と思い、テトラから引き剥がすつもりで大きくフッキング!!

「ガシン…ググググン!!」

「おおお…!?う、動ごかない」

根掛りではありません。なにか動く反応あり

サイドワインダーが大きくしなります

そして、急に大きく走り出しました

「コノヤロー!?潜らせるか!!」と心の中で叫び

気合を入れてパワー勝負です

1度、2度目の突込みを耐え、勢いが止まったところで次はこっちの番!!

強引に寄せ、人生2度目のハンドランディング!!

「獲ったどぉ~!!」

DSC01207.jpg

デ、デカイ

モンスター級であることはまちがいない

測定、測定、測定(汗)

DSC01211.jpg
クロソイ34㎝

ドップリとよく肥えた魚体…キモでかい(笑)

DSC01206.jpg

デコイのハイパーキロフックが目の辺りにがっしりと掛かっています

ルアーはゲーリー スーパーグラブ5in(白ピンク/赤ラメ)

ナイスファイト!!でした



しばらく沈黙が続き、ワームをチェンジ

デプス デスアダーホッグ3inへボトムバンプ中心で探りますが

沈黙状態のまま

やはり今日もグラブの日かな??サイズダウンのグラブ4in(白)へチェンジ

しばらく沈黙が続きましたが

テトラの際をカーブフォール中、明確なバイト「ゴン!!」

フッキング!!

「グングングン」とよく引きます


ロックフィッシュの引きは重厚

重いし、一気に「ゴイゴイゴイ」きます (グイグイより強い感じ(笑)

ファイトにバスのような派手さは無いものの「グングンのゴイゴイ」です

一言に「パワフル」です


DSC01213.jpg

終わり掛けにきました

DSC01214.jpg
クロソイ24㎝

川バス30㎝UPより引きは「ゴイゴイ」でした

DSC01212.jpg

先ほどのモンスター級34㎝と同じところにフッキング

最後に

DSC01217.jpg

「キモい」


タックル
ロッド    デプス サイドワインダーHGC-67XRアウトクロス
リール   ダイワ ジリオン 100SHL
ライン   サンライン FCスナイパー(16lb)
ルアー
ゲーリー スーパーグラブ5in(白ピンク)
ゲーリー グラブ4in(白)
天気 晴れ
時間 17:30~20:30頃
大潮
満潮 5:47(237) 17:57(238)
干潮 11:53(60)

2009/10/04(日) 23:59 | コメント:26 | トラックバック:0 |
昨日の晩、この雑誌を熟読

DSC01198.jpg

おかげで起床8:30…(汗)

かなり朝寝坊、やっちまったなぁ~

悔やみながら、最速アタックで顔洗って、はみがきして出撃です


今日はスピナーベイト縛り(っていうか特訓)

雑誌の影響もろ受け(笑)

DSC01203.jpg

持ってるスピナーベイトはこの4つ

全てデプス

上から1/4oz、3/8oz×2、1/2oz


場所は決まってKu出川下流の堰

しかし、朝まずめをはずし先行者が3名ほど

内、2名は餌釣り(7~8㎝ほどの小魚を釣ってた)

もう1名は多分、シーバス狙いで下流方面

状況は昨日と同じく、やや濁り。ウィードにはうっすらとドロが堆積しているようです

ベイトは餌釣りの釣果を見るかぎり、結構いるみたい。(7~8㎝の小魚)

しかし、この堰は日が昇って、干潮時、バスの反応はあまりよくありません(経験上)

餌師もバスを釣ってなかったし


まずは3/8oz(白)で教科書通り、水面下と底をスローに巻いてきます

ウィード帯を端から順に探っていきますが反応なし

続いて、1/2ozで早巻きにてカウントダウンをしながら

各層をチェックしますが、これまた反応なし

これだけで堰を4往復しました。そろそろ集中力も限界(汗)

やはり、干潮時の日が昇ってからのジンクスは本当か??


ここで一服、タバコに火をつけながら考えます

水の色を見ながら、カラーは白がいいはず(特に根拠は無いです)

早くても遅くても反応が無いのなら

中間のスピードで

などなど、考えながら3/8oz(白)に戻し、やや早巻き

カウントダウンで各層をチェック

で結果はカウント1か2くらいでやや早巻きにて「くぅん」と反応が

それならばとカウント2で遅巻き、反応ないです

カウント2で早巻き、またまた「くぅん」

「おっ!!」パターンが見えてきました

水面下より少し下。なんとか目視できるくらいの深さで3/8ozにて早巻きか!?

堰は反応が悪いので少し上流へ移動


DSC01200.jpg

葦のジャングルをかきわけ、ジャバジャバと長靴で水際へ

ベイトの姿が見え、豆バスの姿の見えます

ここにて先ほどのパターンを試します

結果は早々とやってきました

「ググン」1バイト

「グン」2バイト

「グ…グンン」3バイト目で「バチャバチャ…ぷん」バラシ(汗)

バスのサイズが小さくてのらないのか、フッキングがヘタなのか…

ようやく、

DSC01199.jpg
コバス22㎝くらい

なんとかコバスでも結果が出せてよかったです

反応も悪くなってきたので、またまた上流へ移動


スピナーベイト3/8oz(白)だけではバスがスレるのも早いです

スピナーベイトをいろいろとローテーションしたほうが良いのでしょうか??


すこし開けたところがあったのでスピナーベイト3/8oz(白)を投げます

1投目で「ググン!!」

DSC01201.jpg
コバス25㎝くらい

先ほどより、少しだけサイズアップ

2投目にもきました!!

「バチャ…バチャバチャバチャ」

これまたサイズアップに成功と余裕で抜き上げ

と思ったら目の前の枝にラインが…

強引に引き寄せるとバスが逃げていきました

逃がした魚は大きいですが2尾目より大きかった(涙)

この後、バイトは続くもののフックアップにはいたらず

タイムオーバー

帰って「F1グランプリinSUZUKA」をTV観戦しなければ!!


①タックル
ロッド    デプス サイドワインダーHGC-67XRアウトクロス
リール   ダイワ ジリオン 100SHL
ライン    サンライン FCスナイパー(16lb)
ルアー
デプス スピナーベイトBカスタム3/8oz(白) コバス×2

②タックル
ロッド   デプス サイドワインダーHGC-64XSコンストリクター
リール   ダイワ アルファスRエディション
ライン   サンライン マシンガンキャスト(10lb)
ヒットなし

天気 晴れ
時間 9:00~13:00頃
気温 27℃

2009/10/04(日) 16:56 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ブラックバスを釣って気分よくソルトルアーへ

久しぶりのNi本鋼管

端から端まで車がびっしり、流石、津の人気エリアです


灯台へつながるテトラ帯も

何m間隔で電気ウキがずらりと浮いてます

空いている隙間からテキサスリグをピッチング

2ヶ月前とは打って変わってキャスティングがスムーズです(自画自賛)


早速、「コッコッ」って反応ですが

なかなかのってきません

魚のサイズが小さいのかゲーリー スーパーグラブ5inのテールをくわえてるだけの感じです

ルアーをサイズダウンしたいのですが車においてきてしまい

取りに戻るのも面倒なので

デプス デスアダーホッグ3inへチェンジ

すると不思議なことに反応がパタリと止んでしまいました

再び、グラブ5inへ

すると反応が

今日はグラブの日みたいです


誘いをスローに、かつステイを長めにとって

ようやく

DSC01196.jpg
カサゴ22㎝くらい

いいサイズです

やっぱりロックフィッシュは引きが強いですね

このあともバイトは続きましたがのせることが出来ず

次第にバイトもなくなり終了としました


帰宅中、本屋に寄って購入

DSC01198.jpg

明日はスピナーベイト特訓です


タックル
ロッド    デプス サイドワインダーHGC-67XRアウトクロス
リール   ダイワ ジリオン 100SHL
ライン   サンライン FCスナイパー(16lb)
ルアー
ゲーリー スーパーグラブ5in(白ピンク)

天気 晴れ
時間 20:30~22:00頃
大潮
満潮 5:12(228) 17:34(234)
干潮 11:23(58) 23:42(45)

2009/10/04(日) 01:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は午後から出撃

場所は松阪のとある野池

「40,50のバスがウジャウジャ!!この前なんて5尾くらいの群れが、泳いでましたよ」

ってサル後輩が…あまり信用できませんが場所を教えてもらったので

とりあえず、行ってみる事に

DSC01188.jpg

全体的に浅そうな感じですが、雰囲気はいい感じです

水鳥がいるのでベイトフイッシュもいそうです

水面がピチャピチャしてたので

よ~く見てみると大量のおたまじゃくしが…バスっておたまじゃくしも喰うのかな??

あと、ところどころにザリガニがいました


とりあえず、ザリガニを意識してラバージグでカバーを攻めて行きます

良さそうな場所を探しながら奥へ奥へと進んで行くと

DSC01189.jpg

いたるところにザリガニの群れが

豊富なベイト…期待していいのか??


ここで一つの疑問と不安が

40、50がウジャウジャいるのにザリガニの群れがそこら中に

ここのバスはザリガニを喰わないのか??

それとも…バスがいないのでは(怒)


不安を抱きながら

攻めて行きますが反応なし

ブリッツMRで底を叩きながら探るも反応なし(汗)

場所を間違えたかもしれないし、月曜日にでも後輩に確認してみよ


帰り道、ふらりとKu出川下流の堰へ

先日のようなゴミは消え、やや濁りながら状況は良さそう

とりあえず、表層アタック!!

「ピチャンッ!!」

地味なバイト(汗)

そのまま巻き合わせてのフッキング!!

「グッ!!グググ」と力強い引きを堪能

DSC01192.jpg

久々の30㎝か!?サイズをチェック

DSC01193.jpg

「ありゃりゃっ」元気良すぎ(汗)

気を取り直して


「はい、チーズ!!」(笑)

DSC01194.jpg
ブラックバス30㎝ジャスト

いい感じです

この勢いでソルトへ向かいます、いざNi本鋼管!!


①タックル
ロッド    デプス サイドワインダーHGC-67XRアウトクロス
リール   ダイワ ジリオン 100SHL
ライン    サンライン FCスナイパー(16lb)
ルアー
OSP バズベイト02ビート(ピンク)

②タックル
ロッド   デプス サイドワインダーHGC-64XSコンストリクター
リール   ダイワ アルファスRエディション
ライン   サンライン マシンガンキャスト(10lb)
ヒットなし

天気 晴れ
時間 14:00~17:00頃(野池)18:30~20:00頃(Ku出川)
気温 24℃

2009/10/04(日) 01:03 | コメント:2 | トラックバック:0 |
Let's have some music
Calendar
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
FC2 Counter
QR
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。