Profile

yuzuhiro

Author:yuzuhiro
はじめまして、yuzuhiroと申します。
せっせと山登りへ釣りへ向かう日々が続きます。
2008年5月にルアーを始め、2011年7月に山に目覚めてしまいました。まだまだ若輩者ですが、今後ともよろしくお願いします。

Twitter
Suggestion

株式会社デプス

ロックフィッシュ特集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
本当は「聖地 琵琶湖」への

釣行予定だったのですが、金曜日は新年会。終了は朝の5:00でした

帰って、寝て、起きたら…昼14:00(汗)

久々の盛り上がりでハッスルしてしまい。飲みすぎで頭が痛い


嫁さんは金曜日から、実家へ帰省。

今週は土曜日、日曜日と自由だったのですが…

このままでは終われないと、

とりあえず、出撃準備!!(頭が痛いし、気持ち悪いよぉ~)

で、なぜか京都へ

20100123-1.jpg
八坂神社

この八坂神社は全国の護国神社の総本山的なところ(靖国神社は別)

お国の為に亡くなった方々が帰ってくる場所(…間違ってたらすみません)

ここで聖地 琵琶湖での出撃へ備え、お参りです。

折角、ここまで来たのだからと

20100123-2.jpg
祇園へ

料理旅館がたくさん並んでいます

宝くじが当たったら、

一度はここで、舞妓さんたちと遊んでみたいですね。

「苦しゅ~ない、ほれ、近こう寄れ」

「あれぇ~!!(クルクル)」みたいな…最近、下ネタが多い気がする

続いて、

20100123-3.jpg
清水寺へ向かいました。

途中のお土産屋でスグキ(お漬物)と生八橋(お菓子)を購入

20100123-4.jpg
春の清水寺も桜満開でよかったですが、

冬も良い感じで、なんともいえない風情がありました


そして、

明るい時間のうちに聖地 琵琶湖を下見です

琵琶湖バスマップを頼りに、湖西に向かいました。

しかし、国道1号線の渋滞にはまり、辺りは真っ暗…

あきらめて、大津、守山の夜を散策。


今日は車内泊の予定でしたが

昨晩の疲れと渋滞により、クタクタで布団が恋しくなり、

一泊朝飯付3,000円の看板…

おんぼろモーテルでしたが、思わずチェックイン

幽霊が出そうだったので、写真はなし(笑)

そして、モーテル近くの近江牛ホルモン焼きの店にて晩飯&生ビール1杯

翌朝は朝9:30頃にチェックアウト(また、朝寝坊)


さざなみ街道を北へ

まずは「長浜港」でと思ったのですが

ふらりと町並み散策…

黒壁ガラス博物館で

20100124-1.jpg
たまには知性豊かに目の保養(笑)

20100124-2.jpg
アオリ??甲イカ??のガラス細工

結構、よかったです


散策も終わり、「長浜港」へ

琵琶湖バスマップによると

水深もあり、冬の定番スポットとのこと…

定番の通り、現地に着くとバス狩りの人だかり…

突堤や桟橋、、、

さすがは聖地の定番スポット、10mくらい間隔でみんな、ルアーをキャスト

未熟な自分が入る余地がないかなと思い、移動です(汗)


続いては彦根

男一人旅の散策が楽しくなってしまい

20100124-3.jpg
彦根城へ、、、「ひこにゃん」の撮影会をやってました

さすがは、ご当地キャラ№1のゆるキャラ「ひこにゃん」!!

可愛すぎます。

癒されます。

「ひこにゃ~ん」って叫ぶと

20100124-4.jpg
おにぎり(小道具)をもって、ポージング

男の自分も彦にゃんの可愛さに「メロメロ」でした(笑)

ひこにゃんに後ろ髪を引かれながらも彦根城天守閣へ

なかなかの絶景でした

20100124-6.jpg
聖地 琵琶湖を眺めながら

ふつふつと冬バスへの思いが目を覚ましました

…つづく

2010/01/24(日) 23:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


Let's have some music
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search
FC2 Counter
QR
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。